高校中退を経て特修生として通信制大学に通う

高校中退から大学進学を目指すためには

通信制大学に進学するには高校を卒業し大学受験資格を得なければなりません。つまり高校中退をした人が大学に進学することを希望した場合、大学受験資格に必要な高校を卒業したという資格が必要なのです。高校を中退した後に新しいスタートをきる人もいて、例えば仕事に就いたり専門学校に通うほかに通学制ではなく通信制の高校や定時制高校に進学したり、独自に高校卒業検定を受ける人もいます。

大学進学を念頭において勉強の準備をするのなら自分のペースに会わせて勉強出来たり進められる通信制の高校や、全日制とは授業時間帯が違う定時制高校で学ぶことがすすめられています。わからない点をそのままにせず教師に聞くことが出来たり、また誰かが支えてくれているという精神的なサポートも得ることが出来るからです。

正科生として大学で学ぶ

大学に進学を希望した場合、高校中退した人が高校卒業程度認定試験に合格しなければ必ずしも、大学に進学出来ないという訳ではありません。一部の通信制大学では特修生制度というものがあり、大学が指定した科目を履修し所定の単位を取得すると大学卒業を目指す学籍を得ることが出来るのです。限られた通信制大学で行われており大学によりその条件は異なりますが、所定の単位を取得した後に改めて正科生に出願しなければなりません。

また他大学の受験資格を得た訳ではなく、特修生とした学んだ大学の正科生になる資格を取得したことを意味しています。正科生として大学で学び卒業すると大学を卒業したという学士を取得出来ますが、高校卒業の資格を得た訳ではありません。

国語の教員免許を通信で取得可能な大学は全国に多くありますが、大学ごとにスクーリングの回数や授業のカリキュラム、卒業までに必要な単位の数などに違いがあります。